Back
Back
Back
Back
Back
Back
お問い合わせ

IoT テスト・ソリューション


消費電力の最適化、センサ・アレイの展開、シリアル・バスのデバッグ、ワイヤレス・テクノロジの効果的な統合など、リゴルはIoT開発を加速するソリューションを提供します。 時間領域と周波数領域のテスト・ソリューションのポートフォリオは、高度な解析に大きな価値をもたらします。

  • 電力要求のデバッグと解析


    IoT開発における最も重要なステップの1つは、バッテリ寿命と機能のバランスを決定することです。 より大きなバッテリを使用すべきですか? 無線通信を減らすべきですか? 電力使用量を理解し、IoT製品の計画を狂わす可能性のある設計変更を避けるためのアプローチを学びましょう。


    IoT製品が、どのように電力を消費してバッテリ寿命を短縮するかを理解することは、ベースライン電力解析から始まります。 公称電力使用量、起動電力、および周辺機器が使用する電力を理解します。 プラットフォームのソフトウェアおよびハードウェア構成を更新する際に、電力使用量を繰り返しテストすることで、プロジェクトの後半の設計変更を削減します。

  • 電子負荷によるIoT電力特性


    IoT製品を市場に出すための重要な側面は、デバイスのバッテリ寿命を理解することです。 デバイスには、希望の期間動作させるのに十分な電力がありますか? 長時間のバッテリ・テストにどのように取り組むかを学びましょう。


    IoTデバイスがどのように電力を消費し、バッテリ寿命を短縮するかをさらに理解するためには、公称消費電力、起動電力、および周辺機器からの消費電力を理解する必要があります。 この情報があれば、電子負荷を使用して長期間にわたって同様の電流引き込みをシミュレートすることができます。 このようにして、私たちは実使用の際にIoT製品の一部としてのバッテリがどのように動作するかをテストできます。 最終的に、IoT製品が再充電またはバッテリ交換にて、顧客の期待を確実に満たすためのより信頼性の高いバッテリ要件データが提供されます。


  • ASK / FSKセンサ通信の特性評価

    IoTセンサの多くは、800MHzまたは900MHz帯域から2.4GHzまでの多様なASKまたはFSKプロトコルの1つを使用して、メイン・アプリケーション・プラットフォームにワイヤレスで接続します。 これらのセンサが実際の環境でどのように機能するかを評価することは、ネットワーク通信と範囲、センサの導入を最適に実装する方法を理解するうえで重要です。

    IoTデバイスを市場に出す前に、最も簡単なセンサや通信プロトコルであっても、特性を把握する必要があります。 重大なベースバンド・データ・エラーがパフォーマンスに影響を与える前に、実際の環境でのタイミング、無線電力、変調設定のエラー特性を評価します。 スペクトラム・アナライザのリアルタイム帯域幅を使用してRF信号を分析します。


  • センサ・エミュレーション

    センサ・データを扱うIoTプラットフォームを開発することは、どのプロジェクトでも複雑です。 Z-WaveやZigbeeのようなメッシュ・ネットワークを使用すると、問題の根本原因分析が難しくなる可能性があります。 既知のノードまたは干渉するネットワークからデータをエミュレートして、システムが実際の状況でどのように動作するかを理解します。

    センサからハブへの通信と干渉をエミュレートして、Z-Waveなどの標準化されたプロトコルの信頼性と機能を検証します。 復調と解析を使用して、パフォーマンスを検証し、プロトコルの通信パフォーマンスを解析します。


X

お問い合わせ

お問い合わせ

リゴルジャパン合同会社
〒104-0043  東京都中央区湊一丁目7番4号MJビル3階
TEL:03-6262-8932
FAX:03-6262-8933
E-mail:info-japan@rigol.co.jp

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、以下のお問い合わせフォームにご記入ください。可能な限り迅速に処理して返信いたします。

シェア

Share RIGOL

拠点

ご意見